ORIGAMI

ORIGAMI

© 2012-2017 ORIGAMI

Case Studies導入事例

シェア:

  • facebook
  • twitter

店舗として登録する

決済時間の短縮に加え、単価が向上。
自社DMを活用した顧客へのアプローチ。

成城こばやし動物病院 院長
小林 元郎 氏

支払いのユーザビリティの解決策として

Origamiを知った経緯は知人の紹介でした。もともと支払いの手段に課題を感じていたことと、ここ数年でWi-Fiなどの通信環境が整ったこと、私自身新しいもの好きということもあり即導入を決めました。やはり医療機関、役所などは支払い時に待たされるのが問題だと思うんですよ。私は何事にも「やるリスクを考えるより、やらないリスクを考えたほうがいい。」と思っています。やらないリスクをイメージしている方は少ないと思うんです。上手くいかなかったらやめればいいんです。支払いなど末端な部分はどんどんチャレンジをして、医療に関わる本当にコアな部分は守るというイメージですね。物事が高速に進化、発展していく中で、自らのジャッジも高速化していくことが、今後必要な世の中になっていくと思っています。そして何よりもお客様がいいと感じてくれることが一番大事なので、今後も色々と試行錯誤し、良い環境を作り上げていきたいですね。

小林 元郎 氏(成城こばやし動物病院 院長)

1993年9月「成城こばやし動物病院」を開業。
『動物の医療を通して人の幸せに貢献する』をポリシーとし、公益社団法人東京都獣医師会 業務執行理事、先制動物医療研究会 副会長、東京城南地域獣医療推進協会 理事を兼任。

繁忙期でのOrigamiの役割

動物病院業態として、法令で義務付けられているものも含め、多くの予防薬処方が4〜5月に集中するため一番の繁忙期となっています。この時期は、通常時と比べ決済単価も約150%ほどになり、お客様にとっては医療費がかさんでしまう時期でもあるんですね。また、更に手術が必要となると20〜30万円と非常に高額な医療費になってしまいます。そこでOrigamiをご利用いただくことで、お見舞金として医療費を抑えることができますし、支払う医療費は変わらず、おトクになった分、プラスしてグッズ等も購入することができます。一度、Origamiを利用してお支払いいただいたお客様は、次回以降も継続してOrigamiでお支払いされますね。おトクな上に、お支払いの時間を短縮できることがリピート利用の要因なんだと思います。

※お見舞金:Origami利用時に、ユーザーが自動割引の特典を受けられる同サービス独自の優待機能

2016年のOrigami導入前の同時期の平均決済単価と導入後を比較し、Origami利用者の決済単価が74%向上。平均決済単価が向上しただけでなく、さらに会計時の時間短縮にも繋がっている。

事前ダウンロードでお支払いをよりスムーズに

来院いただいた際に、よりスムーズにお支払いいただけるよう1つの工夫をしました。毎年、繁忙期前月の3月に顧客向けに独自でDMを配布するんです。そこに、Origamiを利用するとお会計がおトクになるという広告を掲載しました。結果、DMを見て自宅などで事前にダウンロードして下さったお客様は、来院時にスムーズにOrigamiでお支払いいただけましたね。成城という土地柄、来院されるお客様の年齢層によって、レジ前のOrigamiのPOPなどを見ても声をかけていただけるお客様が少ないんです。なので、受付にオススメをしてもらう様にしたところ、その場でダウンロードしてくださり、お支払いいただくお客様も増えてきました。声掛けは、ダウンロードしていただくために、非常に大事なことだと思います。特に高齢のお客様に使用していただくには、一歩踏み出しての声掛けが必要ですね。

年1度のDMに利用 = 最大の宣伝効果

Origamiから最初にいただいたPOP、レジ前のアクセプタンスなどのスターターキットは、シンプルなデザインでとても良いと感じました。また、導入を顧客の方々にお知らせするため、年に1度だけ配布するDMにも利用しました。本当にたまたまなのですが、弊社のコーポレートカラーもオレンジなので親和性があるなと。レジ前のフライヤー類もオレンジという色が非常に目を引くため、Origamiの利用促進に繋がっていると思います。

成城こばやし動物病院

〒157-0066
東京都世田谷区成城2-35-18 [ MAP ]
Tel: 03-3417-3018

営業時間
月~日曜日 9:00 ~ 12:00
15:00 〜 18:00

休診: 祝祭日
http://feegoo.jp/