ORIGAMI

ORIGAMI

© 2012-2017 ORIGAMI

Case Studies導入事例

シェア:

  • facebook
  • twitter

店舗として登録する

導入でリピート率がアップ。
スマホ決済をひとつの体験として。

factory オーナー
西原 典夫 氏

圧倒的なスピード感。決済を通じて新たな体験を

初めてOrigami Payを知ったのはTwitterです。友人のツイートで、Origamiが決済サービスも始めたらしいよと。導入の経緯としては、何度でも適用される即時割引機能も魅力のひとつですが、お客様の体験としての決済を増やしたかったということが一番大きいですね。決済で手間取ってしまうと、後味が悪いですよね?飲食店を使う中での最後の体験が決済だと思っていて、Origamiを利用してスマートに決済していただくことで、退店時の気持ちもスッキリとするのではないかと思っています。他にも複数の決済サービスを導入していますが、Origamiは圧倒的に決済スピードが早いです。お客様にも「もう終わったの?」と言われることもあります。お店としても決済時間の短縮など、会計の効率化につながっています。

※即時割引機能:Origami Pay利用時に、ユーザーが自動割引の特典を受けられる同サービス独自の優待機能

西原 典夫 氏(factory オーナー)

2011年11月、35歳の時にfactoryをオープン。旅で訪れた国、過去に働いた場所、特にアンディ・ウォーホルに大きな影響を受け、繋がりを大事にした空間を提供している。店内のインテリアなど、こだわりが随所に見られる。

即時割引 = リピート率向上 = 長く愛されるお店に

factoryでは、客単価よりもリピート率に重きを置いていて、長く愛されるお店とは、リピーターが多くついているお店だと思っています。例えば、売り上げは同一でも週に1度来るお客様が3,000円利用いただくよりも、1回600円のお客様が週に5回来店していただけるほうがいいなと。また、お店としてクーポンなどのキャンペーンを打つことはしていません。お客様の関心が安さ、オトクさに向いてしまうことで、空間がうりのfactoryとのギャップが生まれてしまうことを懸念しているためです。Origamiの即時割引はお店としての割引ではなく、変に安売りをしているいう感じがでないため非常にありがたいですね。Origami利用のお客様で、1日に2回来店される方もいらっしゃいます。今では全体決済の約10%がOrigamiでの決済となっており、お客様の満足度も非常に高いと感じています。

Origami利用者は、非Origami利用者に比べ、平均決済単価が約120%、来店頻度が約200%に。
1人あたりの月間平均売上がアップすることで、全体売上の底上げにつながっている。

毎日足を運んでもらえるお店に

Origamiを利用してくださっているお客様で、勤務中の休憩にスマホとノートパソコンだけ持って来店してくださり、退勤後に再び来店してくださるお客様もいます。立地もあって、お客様は、Web関係、出版関係、デザイン関係の方が多く、大学も近いため、学生の方も多く来店してくださいます。もともとfactoryを渋谷に開業した経緯として、過去に働いていた街だということに加え、新しいもの、情報が集まる所で、面白い人が多いというイメージもあり、渋谷を選びました。また、factoryは「人」と「人」が繋がり、広がっていく場所でもありたいと思っています。そのためには、色々な方が足を運んでくださることも必要ですし、リピートしてくださるお客様が大事と考えています。立地、カフェという形態、スマホだけあれば支払えるということもあり、Origami利用者の方のリピート率は上がっています。

デザイン性の高い目を引く販促物

最初から販促物が用意されているのには本当に助かりました。基本的にお店のテーブルには何も置いていないのですが、Origami導入の時期はスタンドPOPをテーブル上に設置したり、フライヤーを手にとっていただけるサイズに畳んで目立つ場所に設置したりもしていました。OrigamiのPOP類はデザイン性も高く、オレンジで目立つため、お客様からの反応も多かったですね。

factory

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-8-7
青山宮野ビル1F
[ MAP ]
Tel: 03-6419-7739

営業時間
月曜~金曜 12:00 ~ 22:00
定休日: 土曜、日曜日、祝祭日
http://factory.cr/