ORIGAMI

ORIGAMI

© 2012-2017 ORIGAMI

Case Studies導入事例

シェア:

  • facebook
  • twitter

店舗として登録する

決済成約率が向上。
インバウンド対策で売り上げをのばすセオリー。

B's INTERNATIONAL 第2ブランドマーケティング部 ディレクター
阿曽 友紀 氏

導入するだけでインバウンド対策もできる。メリットしかないです。

OrigamiというサービスはECに出店していたこともあり、以前より知っていました。そんな中、決済サービスを開始すると聞き、その場で割引になる即時割引、POPなどの販促支援などを固定費ゼロで始められることに非常にメリットを感じました。お客様としても、同じクレジットカードを利用して支払うなら、Origamiを利用してお得に買い物出来たほうがいいですしね。また、合わせてインバウンド対策として「Alipay」も同時に導入でき、海外からのお客様の決済契機を逃さなくなったのは大きいですね。B's INTERNATIONALのショップ、取り扱うブランドのお客様には、海外のお客様も多くいらっしゃるので、その方々の需要に応えられるようになったのは、非常に大きなメリットです。導入も特に手間はかからず、スムーズでしたね。

※即時割引機能:Origami Pay利用時に、ユーザーが自動割引の特典を受けられる同サービス独自の優待機能

阿曽 友紀 氏(B's INTERNATIONAL)

2017年4月29日にリニューアルオープンした「Styles 代官山」のディレクションを手掛ける。あくまで主役はスニーカーとし、スニーカースタイルを想像できるブランドを中心に自らセレクトも行っている。

b's brand logo

XLARGE®、X-girl、MILKFED.、Styles 代官山など多くの有名ブランドやショップを扱うB's INTERNATIONAL。
国内だけではなく、海外での人気も伸ばしている。

即時割引がもたらす決済単価の向上

Origamiの即時割引でお得になる分、ついで買いが発生し、決済単価が向上しました。例えば、2,000円お得になった際に「じゃあ、シューケア用品も買おうかな」というように小物などを合わせて購入していただけるお客様が増えましたね。「Styles 代官山」では、Origami利用者のお客様一人あたりの単価が205%向上するという時期もありました。クーポンなどとは異なり、セールではない時期でも何度でも割引が適用されるため、一度Origamiを使用していただいたお客様は、他のお支払いでの決済のお客様よりもリピート率が高いです。購入するか迷っているお客様にOrigamiでのお支払いを勧めることで、決済成約率も非常に伸びています。お客様がお得になるだけではなく、売手側としてもOrigamiは販売支援ツールとして非常に大きな役割を果たしてくれています。

Origami導入後、決済単価が205%アップの¥36,953に。
Origamiによる決済の割合が約27%になったことで、全体の売り上げの向上につながっている。

インバウンド顧客の重要性

国内のお客様に比べ、海外からのお客様の決済単価は高い傾向にあり、売り上げの中で大きな割合を占めているのが現状です。以前は言語間の壁により、決済機会を逃してしまうことも多かったのですが、Alipayの導入によりその問題が解消され、Alipayの使用が可能とわかるPOPをみて、お客様自身が自らレジにてAlipayによる決済をしてくれるようになりました。その結果、お客様全体の決済単価があがり、全体売り上げとしても5.1%アップという結果を残しています。これからますます、海外からのお客様の需要は増えていきそうですね。

Stylesのリニューアルに伴い、共同キャンペーンを実施

2017年4月29日「Styles 代官山」は、今まで提案してきた【AUTHENTIC SPORTS FASHION】の要素に、新しいキーワードの【ラグジュアリーミックス】をプラスした商品ラインナップと内装に生まれ変わりました。商品のラインナップは変わりましたが、あくまで中心は「スニーカー」と考えているので、「スニーカー」を主軸としたスタイリングを提案できる商品を揃えています。なので、店内のどのブースでも「スニーカー」が目に入るように心掛けています。リニューアルの際に共同でキャンペーンを行い、Origamiでお支払いいただいた方に、抽選で通常では販売されないレアなアイテムのプレゼント、希少価値の高いスニーカー購入権を特別にご用意しました。このような取り組みは話題作り、宣伝となるので今後も是非、実施していきたいですね。

販促物の利用と活用、独自でカスタムを。

スターターキットとして送付されてくるPOPなどの販促物を店内に掲げることで、コストをかけることなくOrigamiの利用を開始することができました。また、キャンペーンなどの際には、データを元に独自でPOPを制作し活用しています。販促物が最初から用意されていることで、各ブランドでのSNS、ブログなどに投稿する際のコストもかからず、時間と手間をかけずに宣伝が可能となっています。現在、SNSでの集客は大きな割合を占めるため、非常に大きなメリットと感じています。